第21回総務渉外委員会@ZOOM

総務渉外委員会です。今回で第21回の委員会開催となりました。
本日は理事会資料提出日となっており月に一度の定期委員会です。本日はZOOM開催

 総務渉外委員会は、理事会の設営を行っている委員会ですので、各委員会からいただいた資料を理事会に向けてチェックしていきます。チェックした資料は、アジェンダにアップしております。(アジェンダとは、クラウドにある閲覧やダウンロードができるデジタル資料の事です。メンバーや理事はどこでも資料をダウンロードできる他、どこでも会議が行えるシステムの更新等を行っています。)

メンバーでしっかりと理事会前の資料を見て、メンバーでチェックを行いました。総務渉外委員会は、他の委員会と比べ、誰よりも早く資料が確認できる他、会の運営がどのように行われているかわかる委員会です!

総務渉外委員会 副委員長 川瀬

対内広報事業始動

総務渉外委員会事業「対内広報事業」が始動しました。

従来対面で行っていた活動がWEB会議に代替えされ、以前のように雑談や声掛け等オープン型コミュニケーションを補えない部分があり相互理解の促進・情報共有が妨げられていたことをに対し、従来のブログを有効に使って情報共有を促進させ、組織に対するエンゲージメントを高めます。

単にブログを書いても読まれないと意味がありません、そこで総務渉外委員会では、イノリーダーというRSSアプリを使い、ブログが更新されると直ちに更新を知らせる環境を作成いたしました。

以前の委員会訪問で案内しましたが、昨年の新入会員と前期新入会員9名の紹介動画を作成します。編集が完了し公開するとイノリーダーが反応します皆さんご視聴よろしくお願いいたします。

総務渉外委員会 副委員長 津村 堯之

「相手に関心を持つ」ひと事から自分事へ

令和3年7月豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます

日頃会話をしないJCメンバーに関心をもち話しかけてみる。新型コロナウィルス感染症拡大でWEB会議が主流になり、メンバー間で世間話をする事が無くなってしまった。

同じ委員会メンバー等関係が無い限り、他委員会の新入会員に用事もなく電話等するのは敷居が高い。
自身が相手を理解する事と、新入会員の今後を思うと、そのまま放っておくことはできない。

総務渉外委員会は対内広報計画で、鳥取JCに対するエンゲージメントを高め関係の質を高める議案を構築中です。

みなさん、鳥取JC公式HPやブログを見る頻度はどうでしょうか?
理事長BLOGと各委員会BLOGがあり、理事長BLOGを澤田理事長が毎月更新されております。各委員会BLOGも更新されており、各委員会の動きや人柄が分かる情報を発信されております。

委員会BLOGは、第二の三分間スピーチです。何を伝えたいのか明確にして、読み手を不快にしない文章を構築する練習の場所です。
各委員会が更新したブログを是非読んで頂き、ブログを書く事を恐れず自分から「create positive change」しましょう!
そしたら、自己成長と相互理解が進みより良い組織エンゲージメント環境になると思います。

総務渉外委員会 副委員長 津村堯之

総務渉外員会定例委員会

第14回 総務渉外委員会は、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受けて、パソコンやスマートフォン等を利用したWEBを使用しての委員会として開催されました。

委員長挨拶で、資料提出が無事に完了した事を報告し、情報をメンバーと共有いたしました。

理事会が円滑に進行する様に、理事会資料のリンクチェックを行いました。

また広報スタンダードの構築に向けて、議案の内容をメンバーで確認しました。

本年度の総務渉外委員会は、広報のスタンダードの構築の為に邁進していきます。

皆さまよろしくお願いします。

新年のご挨拶「総務渉外委員会」

あけましておめでとうございます!
2021年 総務渉外委員会 委員長の谷上です。
本年、本会の運営がスムーズに行われる様、庶務及び各委員会のサポートを行って行きます。また、委員会テーマでは「新年式典の開催」「JCI鳥取広報スタンダードの構築」をテーマとし活動を行って行きます。

この度、予定者段階から委員会メンバー一丸となって準備していた新年式典は中止となりましたが、準備段階においては多くの関係者様にご協力を頂くと同時に、鳥取青年会議所の伝統を感じる事ができました。改めて、この場をかりて感謝申し上げます。
今後は、コロナウイルス感染症が広がる中、感染対策と会の運営を両立できる様、積極的に取り入れていきたいと思いますので、どうか総務渉外委員会1年間どうぞよろしくお願いいたします。

総務渉外委員会 委員長 谷上雄亮

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう